スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知識欲

RehaさんのBlogを見て、
自分が今まで出会ってきた先生の中で尊敬できる人は誰かなって考えると一番に思い浮かぶのは岡西哲夫教授だなって思う。

なぜか。

人を見た目で判断しなかったからだと思う。
自分は髪が赤いときもあれば、奇抜な格好をしているときもあった。その当時は、人目ばっかり気にして、自分の存在価値を確かめていたのかもしれない。当時、自分がどういう人間か自分分析をすると、嘘ばかり並べる人間だったのかも。それは言葉じゃなくて行為の嘘。
自分は本当はこうしたいけど、人に嫌われないように相手に合わせていたりする。
高校卒業までで確立していた自分が大学生活で覆いかぶさってしまって。

結果が胃潰瘍な訳で。


話を戻すと、そんな赤髪の自分でも岡西先生は授業後の質問に温かく答えてくれた。
男女で態度がかわらなかったのは岡西先生ぐらいだったと思う。

そんな謙虚な態度が好きで、先生の授業を熱心に聴いてた気がする。
卒論も先生の下で、知識を深めていきたいって思った。

最近では、M史やYuの影響もあってか、冨田先生も尊敬するようになった。
座談会のときに、もっと尊敬できた。「患者さんを満足させるために」の言葉やパッションなどなど。

欲張りだからいいとこ取りをしようと思ってんのかな。結局自分の中ではただすごいって思うだけだなって。でも、この先生のように治療をしたいって思う。

今では、あれもこれもであらゆる方向に手を伸ばしすぎているかも。それがどれも不十分になって、結果自分の根本の治療の概念はなんだろうって考えると微妙な回答になってしまう。
これはまだまだ勉強不足。


結論はこれからいろんな先生のいいとこどりをして新たな自分の姿を作ろうってのが目標!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

手を伸ばしすぎるのは全然良いことだとおもうよ!!!

大事なのは手を伸ばした先で自分がどう動くかでないかな。

手を伸ばした先それぞれ全部突き詰めていけば、自分の軸や基盤ってのが確立されてくると思うよ。

前に、オレも同じように悩んでいたんだけど、必死に全部を理解しようと思ったら、うまい具合に全部がつながっていったんだよね(笑)

オレの軸や基盤にH高のエッセンスをください。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。