スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「狂四郎 2030」という漫画を読んで…

今日のBlogは長く、そしてあまりにも今の現実に必要ではないかもしれません。
テーマは「愛」かな笑。

この時点で必要ないと思ったら、読まなくて大丈夫です。
でも、視野は広がるのではと思います!!


「狂四郎 2030」という漫画を読んで…

「狂四郎 2030」 
徳弘正也って人が書いた漫画です。

大体のシナリオは…
西暦2030年、ゲノム党が支配する男女隔離政策下の近未来日本で仮想空間上(コンピューター上)で知り合う男女。
主人公である狂四郎はコンピューターでプログラミングされたユリカに恋をして、その人間は実在することを知った。その人に会うために、反政府の遺伝子を持つ劣等な人間として自分ひとりで生き抜いてきた狂四郎が、一人の女のために危険な道を渡る。

政府は、自分は完璧な人間である!間違いはない!と、一般市民をクズと罵る人間たちの集まり。

ユリカは、その美貌から、上官に気に入られて欲望を満たす道具として使われていた。心の支えとしているのは仮想空間上の狂四郎(実在します)。

狂四郎は、鬼と化す殺人ロボットの一面と、思考能力は欠くけど人間の心をもつ一面があった。心の支えとしているのは仮想空間上のユリカ(実在します)。

狂四郎のパートナーであるのはバベンスキー(犬:頭脳は天才科学者)は、狂四郎のいいストッパー役である。知識を補充してくれる役割。二人が会えることを心から望んでいる。

結末はまだわかんないけど、二人の中にある深い絆だけを頼りに巨大な壁である政府に向かって、二人が会うっていう物語。



これを読んで、「愛」にはとてつもないパワーがあると思いました。時にそれは、自分の倍以上の力を引き出して、心の支えになります。

愛の力があれば、何事も乗り越えられるってことがわかるような漫画です。まさに漫画 笑

遠距離恋愛になれば、この二人の絆が試されるんじゃないかなと思います。

自分が将来、単身赴任するときも一緒かなぁと。



話は変わって、漫画ではSEXが一杯出てきます。
その中には、欲望を満たすだけのSEXと愛を確認するSEXがあります。

政府側の人間は前者で、主人公らは後者です。

ある旧友から何回やった!とか言ってましたが、それはどちらなんだろうと思いました。

欲望を満たすためのSEXは必要なのかな?経験することも必要なんだけど、そこに何か答えはあるのか…。何のために…若気の至り…?笑

自分も22才。恋愛も結婚も考えてもおかしくはない年代。
特に女の子はその気持ちが強いと思います。

自分の夢を叶えるための結婚、自分の心のよりどころになる結婚…様々です。

結婚する相手は自分の部分を何%理解してくれるのか。

表情一つでお茶をそっと差し出す。自分の駄目な部分を補ってくれる。

そんな、存在であると後悔なんてないし、一生愛は持続します。

この文章から言いたいことは、愛は相乗効果を引き出すヒントが一杯含まれています。

自分の私利私欲のために結婚することは、長続きしないのではと…そして、飽きてしまう。

そんなところです。


みんなにも、この人だ!!っていえる人間との出会いを望んでいます。


この文章は8年以内にはもう一回読み直したいですね。

長い文章を読んでくれてどうもありがとう。
自分の中で、少し考えがまとまる部分があって満足しています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いやー読んでて興奮した
狂四郎いい漫画だよね
俺の夢が詰まってる。

むっちゃ語り合いたいわー

バビンスキーは狂四郎がバビンスキー反射したからバビンスキーってね

ゲノム万歳

あの種のマシンは必ず作られるから楽しみだね

ほー

自分の私利私欲のために結婚することは、長続きしないのではと…そして、飽きてしまう。

間違いないと思う…こうゆう系では結構アホな俺でも何となく分かる。。

この人だ!!っていえる人間との出会い

そうゆう出会いの時ってどうなるんかな?…今までそんなんなかったから想像つかん。。

どんな感じになるの?…H高先輩! 笑
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。