スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の奥底に眠る本当の自分


先に言っておきます。
11/18に僕が症例発表を行います。

○日時 11/18(のはず) ○場所 204

○題名 「既往に脳梗塞右片麻痺、両側変形性膝関節症があり、右被殻出血を再発し左片麻痺
     を呈した症例」

○検討事項
 ・①体幹・骨盤帯周囲の筋緊張を緩和させ、②背臥位での筋力増強と③歩行指導
 ・④動作性急性のある患者さんとのコミュニケーション
   
私がみんなと検討したい内容は以上の④つです。
歩行指導は実技を行いながら、説明してください。
実技を行う人は先生役、他の人は学生役、僕は患者役をやります。

  
○目的 説明と実技の二重課題を両立させること。

○時間配分
 ・発表時間10分~15分
 ・質疑応答15分
 ・実技30分(8人×3分)

※ 資料は、また配布します。






ここからBlogです。



第5回 将来への道標とその後の対談

・Ro 15:20~約17:20 症例検討
・Yu 17:20~約18:25 プレゼンテーション


まず、本日の発表者であるRoとYuはお疲れ様でした。
貴重な発表をありがとう。

Roの発表は聞いていてわかりやすかったです。

検討内容を自分は理解してたつもりだったのに…うむ。

答えは出たのかな??ってな感じで終わったのが悔しい…。時間が欲しいね。

Yuの発表はやはり上手いです。

聴衆者である俺は、今の環境がどれだけ大事なものか再認識できた。


話は変わって、
途中で思いを語ってしまったことは、確認したかった意味合いがあります。

何のために検討しているの?

自分の持っている知識を確認しあうため?


…それらも一理あります。
発表途中で失礼だったかなぁと思う反面、すっきりした自分もいます。



「将来への道標と題したこの会をみんなはどう捉えているのかな?」


ちなみに俺は

「臨床初日におどおどせず、患者さんにより良い医療を提供できるようになること・満足してもらうこと」

がメインです。

それには、もちろん知識を補充しあうことも重要なんだけれど、それと同等に触れることが重要だと感じます。実際に触れることで感じることが一杯あると思います。

健常人で練習してうまくいかない技術を患者さんで実践できるでしょうか?

目的を説明しながら触れることが出来れば一番です。バイザーの気持ちがわかるのでは…。

途中でYuの考えも理解できて、俺は限られた情報量の中からどんな治療を提供するかっていう感じでも全然OKだと思っていたけど(実際の臨床はそうなるような…)、検討内容を明確にするのであれば必要なことだとわかりました。


これからの発表をどうすればいいのかってのが見えてきました。

本当ならもっと一杯書きたいところですが、辞めます。




その後、YuとM樹と語りました。

ありがとうと心の底から言いたい!YuにもM樹にも。

暗闇の中から、一つの道を提供してくれたような感じです。

完全なるゴールでなく、道案内してくれただけです。

後は自分次第ですのでゆっくり進みます。あと少しだと自分の中でも思います。

容易に言葉にすることは避けています。言葉で自分の姿を示すのは簡単なんだけど持続しない。

言葉にならないイメージを大切にしたいと思います。


本は購入したので早速、読んでみようかと 笑 



不安なことも一杯あって、彷徨っていることも一杯あって、腹を痛めている自分がいて…

そんな時、同じ気持ちの仲間がいたことで少し気持ちが和らいだ。自分だけじゃないんだって思えた。

今日話さなければわかりえなかった。

だから、もっと話したいな。心の奥底の本当の気持ちを全力でぶつけ合ったら気持ちいいだろうな!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

次回の発表期待してます!

今回の将来への道標は、本当に申し訳ない。

体調的なことがあって、みんなの雰囲気を悪くしたのではないかと反省です。

でもそれだけじゃなくて、自分も何か違う違和感を感じています。

いい方向に向かうには、みんなの方針をしらんといけないのかな??

ちなみに自分は日高の意見に賛成。

もっと人を触りたい。

もし、難しいようなら2人でもいいから、自分たちで時間を作ろう。

どうせなら…

どうせならあの場で触るとかをやればいいじゃん!

2人で…イイかもしれないけど…ある意味逃げ…そう捉えることもできる。。

“難しいなら”ってのがポイント…何か改善する道を探ることをしよー!!



完全なるゴールでなく、道案内してくれただけです。

後は自分次第ですのでゆっくり進みます。

→そうやと思う…あとは自分を自分が育てるのみ。



本は購入したので早速、読んでみようかと 笑

→早速読んでちょーだい(^^)
 そうするとこのブログに書いてあることに対しても見方が変わってくるかも。。

Re

二人ともコメントありがとう☆

体調が回復して何より☆

気持ちは十分わかります。

そだね☆どうせならば、前回の反省も踏まえてみんなでやりたいね!

あの場面は本当にいい経験になった。

パッションだけじゃ遺憾と。。。時と場合と伝え方などなど。

何事も意見を押し付けては駄目で、相手に興味を持たせるような、相手に特になるような言い方から誘導する手段を選択するべきであった。

前回の先生との対談で得たことだったのに…


早い段階で得たこの知識を、将来に活かしたいと思います!!


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。