スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


何かを成し遂げたわけじゃありません。

中途半端な自分に心底いらいらしています。

高みを目指す、国家試験も卒業試験も頑張る、彼女を大切にする、自分の健康を保つ、自分の時間を大切にする、友人との話を大切にする。

全部、中途半端。

悔しすぎて腸煮え返りそうです。


俺は何がしたいんだ?うつ病?笑


来週から、頑張りたい。

Yuからも、M史からも、M樹からも、Roからも、Tさんからも、Tからも

アドバイスいただきたいなぁと思います。

ぜひともお願いいたします。
スポンサーサイト

SOCCER

土曜、日曜にサッカーの試合を行いました。

結果は優勝!!!

最高ですね☆結果もいいんだけど、内容もすごく良かった。

怪我した友人はいたんだけど、彼らしいのでいいのではと…。笑

私事ですが、2点決めました。高校時代は1点しか決めたことないので結構嬉しいです。

優勝に貢献できて何より☆左膝が化膿しまくってるけど、まぁいい思い出として受け入れます。


土日で4試合。

体力ないです。筋肉痛も半端ない。咳もでる。腰が痛い。などなど、着実に衰えています。

同じだけ脳も衰えちゃうから、今のうちにどんどん知識入れときたいですね。


今日思ったこと!!

やっぱ、サッカーとかのスポーツは一番のストレス解消法です。
「昇華」であってんのかな?笑 

運動後(TVではジョギング)は前頭前野が活性化されて、勉強の効率が良くなるってTVでやってました。
運動後に寝ちゃうのは×だけど、その後に勉強すればダラダラやるより断然良いそうです。

しっかり、文献等を探しますね。


あとは、やはりいいメンバーにめぐり合えたなと。

なんだかんだ優勝してます 笑

何事も適当には出来なくて、しっかりと結果を出します。国試もこんな感じで乗り越えたいな☆


みんな面白いです。身体張ってて自分なんて笑ってばっかり。
かと思えば、試合でスーパープレイ!!

こりゃ女の子が黙ってないでしょ。もっと見にこいよってね 笑 



試合終了後、Tさんと話しました。
「H高は、気を遣い過ぎる。」
確かに、気を遣ってます。気を遣いすぎるあまり、距離を微妙に遠くしてしまっているような…やはり人間関係は難しい。距離感をどうすりゃいいのかとか言葉とか態度とか。

考えている内に胃も痛くなりました。やっぱTさんはわかってますよ☆
感謝してます。

明日から、チェンジですね 笑
てか、確認テストはやばす!!頑張ります。

今日の出来事は、良い思い出として語られるかと思います。

みんなに感謝!!

PK外してごめんなさい。

ショック事件から1ヶ月後…奇跡の日

今日、僕は3名の先生方に就職に関しての自分の考えを赤裸々に述べた書類を提出しました。

私の中で葛藤が多く、YuとTに相談してて、やっとのことで実現できました。

怒鳴られる覚悟は出来ていました。

内心、ビクビクしながら教学局へ…それから、階段を往復往復…。


書類を提出することは国家試験よりも重要?って言われると客観的に見たら、そんなでもないかもしれない。

自己満なのかもしれません。だけど、自分が前進するために必要でした。
もやもやを解消するために必要でした。


結果

ある先生は自分の意見を買ってくれて、自分の頑張りを認めてくれる言葉と視野の広さを持つことの重要性を教えてくれた。

未知の世界に飛び込むことは不安一杯なんだけど、それを乗り越えて行けば、結果は自ずと付いてくるってことを教えてくれた。

やはり、自分の考えを言わないと先生も考えを教えてくれません。今日は自分が述べた分、返答してくれたからとても嬉しく思いました。

「どんなことで、前進していっても間違いではない。核の部分がしっかりしていれば、それはどんなことでも大丈夫。」ってYuは良いこと言ってくれるよね☆

まさに、その通りで何でもいいんです。PTも十人十色です。

だから、興味があること全てに全力を注ぐ!その精神は忘れることがないようにしたいです。


ある先生は、書類をその場で真剣に読んでくれて、自分の気持ちに答えてくれた。
ある先生は、いつも通りって感じで…最後に部屋を出る際に「頑張れ!」の一言。

今日の出来事から、結果は出てません。就職先はわかりません。
でも、不安な気持ちはなくなりました。未知の世界に飛び込んでも我武者羅に頑張ることが出来そうです。

今日とった行動は忘れたくないですね。

だから、どんな就職先になろうと頑張ろうと決心できました。

チームがあったからこそ、今日みたいな行動が出来ました。本当に感謝してます。

ありがとう。


タイトルにある奇跡の日ってのは、俺が今日たまたま書類を用意してて、たまたま授業中に就職の話が来週から始まることを教えていただいて、たまたま3名の先生が学内にいて、たまたま怒鳴られなかったということです。



自分の強運は宝くじとかで発揮されると思ってたけど、こっちでした。
感無量ですわ

明日はサッカー!1点は決めます☆

症例報告の重要性

またまたBlog書くのが疎かに…反省。

みんなのBlogを読んで、コメントしているともうこんな時間です!

こりゃいかんな。時間確保できない自分に反省。


『第3回 将来への道標』
では、発表者のYu、お疲れ様でした。とてもわかりやすく、検討しやすかったです。

ここで、症例報告の重要性について。

やはり、今回の症例報告でリアルに連想できるとその患者さんのために、どんな治療を行ってあげればいいのかってのを考えるようになります。

「専門性を活かして世界中でリハビリを求めている人の役に立ちたい!」ってのが、Blogのサブタイトルにあるんだけど、再認識出来ました。

この手と足とか動いたらな、痛みとか取れたらな、歩けたらな、話せたらな…俺ら以上に患者さんは願っています。

患者さんは人生かけて、先生の言われたとおりのことを、それが自分が治る最善の策だと考えてリハビリに来ます。(もしかしたら飛躍しすぎかも)

学生だったら、失敗は許されます。だけど、俺らはあと半年で目の前の患者さんに最良の治療を提供する必要があります。

しかも、学生では1人か2人かですが、社会人となれば、話は変わります。


やはり、準備が必要です。準備なしに出来る人間は素晴しいと思うけど、そう簡単ではないと思います。

みんなで、頑張りましょ☆
国家試験も実技も一人では出来ません。

相乗効果レベルアップを期待します!!!

我武者羅と冷静

自分が、心の奥底を見せることができる友達って何人くらいいるかな?とか考えると。
なんとも。

3.5年間でTくんとかTとRくんには一杯話してたけどね。真剣な話は最近になってから。
3人は本当に自分の良き理解者だと思ってます☆
自分の性格を、ばっちり理解してる。話しててわかります。


話は変わって…
先日、就職についてYuに相談したら、色んなことをアドバイスしてくれた。

自分のことじゃないのに、こんなにも親身になって考えてくれるYuに俺は本当に感謝してます。

YuとM史の背中を見ながら、良い仲間をもったなって思いました。

なんでも話せて理解しあえる仲間って、すぐには出来ません。
3年生は話すことはあったけど、まだ遠慮するところ一杯ありましたね。

YuとM史とは実習のときにある先生に指導していただいて、そこからしっかり話さない期間があった…

それが、再集結!!みたいな形でこうやって語り合える仲間になって良かった。


前も言ったけど、お金で買えないものって一杯あります。技術も愛情とかもそうです。

こういった財産をもっと自分の中で、作っていきたいですね。

その財産は、薄いものにしてはいかん!!もっと厚く!

この団結力が、2035年のリハビリ転換期を自立した人間・PTとして迎えるための鍵になるかもしれないね。
遠い将来なんだけど、1週間後の自分よりもイメージがつく。あくまでイメージね 笑

2035年までにチャンスが来るかもしれない。それに、備えるべく切磋琢磨精神は絶やしてはいかん!!

努力は裏切りません。どこかで返ってきます。

それを胸に我武者羅に。だけど、頭は冷静に・クールに☆

あと半年間。悔いを残らない大学生活を。



私事ですが、
最近、高校2年時代の自分の性格に戻ってきました。笑
高校3年と大学生活でなんか変わったんだけど、心の奥底に眠っていたというか。

もしかしたら、ウザイかも知れません。視野が狭まっていたら注意お願いしたい。
これ読んでるTさんとTとRくんにもお願いね☆

たまには、コメントして!!!笑

『将来への道標』No.2


前回に引き続き、大成功でしたね。
昨日の話の前に、一昨日の話とか。


『将来への道標』 No.1の後の王将での話。

14日の勉強会の後の王将では国家試験の勉強をそっちのけで4人で語りました。


今日、自分の考えをもう一歩深く考えようと思った。

色んなことを考えてたけど、断片だけで、自己満足してた。

ある言葉から推察する。

そこから、自分と相手と第三者の主観と客観をリンクして、尚且つ環境因子を考えて話を展開すると答えは見出しやすい。

そこにエゴ、プライド、立場とかを考えると視野が狭くなってしまう。

一方向性の話なんて駄目っすよ。

気付いていない場合は態度とかで示すべき。それが相手に理解してもらうためだと思うし。


まだ、認知段階なんで、明日からは、もう一歩前進します。



15日はM先生とS先生とO先生と焼肉に行きました。

ぶっちゃけ話とかしてくれて、楽しく過ごすことが出来ました。

まぁそこまで書くことはありません。個人情報になってしまうので。


16日は将来への道標 No.2でした。

発表者のM史には、お疲れ様&感謝です。視野がさらに広まりました。

聴衆者である自分は、聞いていて飽きることがない。R指定だったし。笑

その後の実技では、色んな考えがポンポン出てきて、これぞ俺が求めていることです。

治療の知識を4年次の臨床実習からストップさせるんじゃなくて、正解はない課題について自分らが持てる知識をフル活用してディスカッションする。


欲を言えば、先生方に協力してもらいたいと思います。道を誤らない為にも。

これについてはまた話そうと思います。

話は変わって、
18:00くらいからN先生とT先生の被験者をやりました。

これも、興味深いものでした。

費用かかってるとこれほどまで…なんて思いました。


とまぁこんな感じで、ここ一週間は様々なことがあり過ぎて、幸せであったと感じるとともに、情報を整理できない自分が悔しくて。

Yuに言われたとおり、1つ1つ片付けます。

まずは、解剖学のテスト勉強から。ファイト!!

最近の出来事



最近は色んなことがあって、国家試験の勉強が疎かになってしまってます。ブログも不十分で反省してます。

なかなか、予定通りに物事が進まないので、自分を責めていたような。

なんて、時間は自分で作るものって散々言ってきたのに、弱音はいかんな。

さてさて、10月14日~16日のことについて、たらたらと書かせていただきます。

まず、10月14日。

この日は大きい。自分の中で大学生活での思い出BEST5には入ると思います。

自分らで、スライドコピーしてみんなに配布して、部屋を借りて、自分らでプロジェクターを用意して…先生にバレるといけないから車椅子に乗ってキャスター上げの練習して。

自分で自分の姿は見ることができないけど、みんなの努力する姿を見て、自分もそれに乗っかってるって勝手に判断すると嬉しくて仕方ないです。

Take Actionしてるよ!って自覚できました。Yuのパクリでごめんね。



発表内容はM史がPNF、俺とRoが学会の症例報告、Yuがスポーツと運動療法のことでした。

そういえば、19日にKくんが5分でPNFを教えるようにO先生に頼まれてて、多分やると思うから怒らないで下さいね。(特にM史!!!笑)

国家試験対策だと思って、軽く流しておいて下さい。

話すを戻すと、PNFは良いと思います。

人間の動きはすべて回旋動作だぁって言ってたとき、間違いないって思いました。

自分の中で得意分野があることは、他の分野の話と照らし合わせるときにとっても役立つと思うし、治療の核があると強い武器になると思います。固執はいかんけど。

あと、M史のプレゼンの仕方は聴衆者を魅了させるなぁと思います。注目すべきところが明確なので、こんなこと言ってたって記憶に残ると思います。

これからも、お願いしますね。

Roはやっぱ頭良いなぁと思いました。

言わないだけで、自分なんかより説明の仕方から考えがしっかりしていると思います。

Roとは、2期休みにずっと実技やってたから、Roの良さはみんな知ってると思います。
だから、一緒に頑張ろうね。

Yuはスポーツ障害予防のこととか、T田先生のCW、CAの考え方を本当にわかりやすく丁寧に教えてくれました。動画とかあってかなりわかりやすかった。

俺は、話すのも下手で、聞くのも下手な人間だから、細かく説明してくれたことは一冊の本を聞いているかのようでした。

もっと時間があったら、一日語れちゃうよね。やっと、M史とYuの考えが理解できてきた気がします。T田先生の本は持ってるので時間あるときに読まないと。


時間は18:30くらい。場所は王将。解散時間22:30くらい。笑

ここで話したことは一杯ありすぎて書けません。

王将雑談と15日と16日については、明日書きます。

理由は早く寝たいからです。
ここ2日は、なんか身体がおかしい!
俺の脳が休みを求めています。だから寝ます。

最後に、今日もありがとう!

教室でせっせと勉強しているヒトの姿を見ると焦ってしまうんだけど、それでもやることはしっかりやりたいと思うので、頑張りたいと思います。

A of A of A

A of A of A

これはいったい何か。

手の内在筋(母指球と小指球)の簡単な覚え方です。

ヒトの手指の運動能とともに7種の筋から成ります。

【母指球筋】
短母指外転筋 Abductor pollicis brevis m.…最も表層。
母指対立筋  Opponens pollicis m.    …短母指外転筋の外側深層。
短母指屈筋  Flexor pollicis brevis m. …母指対立筋の内側。
母指内転筋  Adductor pollicis m.   …深指屈筋や虫様筋の深層。

【小指球筋】
小指対立筋   Opponens digiti minimi m.  …最も下層。
短小指屈筋 Flexor digiti minimi brevis m.…小指外転筋の母指側。
小指外転筋 Abductor digiti minimi m.  …最も尺側。


頭文字をとってA of A of A。
大体、橈側から並んでます。

これで、あとは外在筋と骨間筋と虫様筋を覚えれば、ほぼOK!

もし、良かったら文献を。

こころちゃん

今日は、はとこの子供と15:00くらいから遊んでました。

3連休は休養と遊びだったなぁとか思いながら。

はとこの子供って血は繋がってんの?たぶん全然つながってないかも。

4歳になる子供なんだけど、女の子でとても活発な子。
最初は、緊張しててもじもじしてたけど、すぐに意気投合して一緒に公園で遊ぶことになりました。

小さい子はとても可愛いなと思って、どんな行動すんだろとか思いながら遊んでました。
女の子だけあって、周りでサッカーしてる子供と一緒にやる?って聞いても、ままごととか、団子作りのほうが好きな様子だった。

だけど、ジャングルジムだとか登って、「やっほー!」とか言ってたし、初対面の自分を兄ちゃん兄ちゃんって追っかけてくるし、子供のパワーって計り知れないなとか思いながら。

散々走り回って、子供よりも自分のが疲れてしまったんだけど、とっても有意義な時間だった。

こんな小さい子供なのに「ありがとう」、「ごめんなさい」はしっかり言えてた。こりゃ、大人も見習わないとなんて思った。

話は変わって、家計図の話。

久しぶり?に親と酒を飲みながら、自分の家計図ってどんなんなの?って聞いてみると、琴の達人もいれば、医師も臨床検査技師もいれば、公務員もいれば、酒に生きたヒトもいれば…笑なんてプライバシーなんて問答無用なんだけど。

色んな血が俺には流れていると思って、なんか今の自分の性格に反映してんなと思いました。

色んな経験から自分の進むべき道を見つけ出す方法は受け継いでるのかも。
それが、今頑張っているリハビリなんだろうか。
そう願いたいもんだ。

国家試験をしていると自分の知識は、どんどん更新するけど、それ以外に就職する前に更新すべきことってあると思う。

その一つが両親とも対談。自分をより知っているヒトだからこそ、話すと自分が見えてくる。過去と現実の自分のあり方から将来の自分のあり方まで。

ぜひ、機会があれば、ビール片手に両親に突進してみてください。

きっと、良い話が出来るのではと思います。

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

続・知識欲

それは、神経伝導路のこと。

過去の国家試験を解いて、視覚伝導路と聴覚伝導路を見直した。
最近は、機能解剖ばっかだったから今度は、神経系もやろうかと思って足を踏み入れた。

必修ポイントで見直した。
なんか、不完全燃焼で掘り下げていったら一年次に使用した人体解剖学のP499、500に達した。
もっと掘り下げていったらネッターのP104、105に達した。

半端なく面白い!!

なんでこんな風になってんだぁって考え出したらきりがない。

自分の中でストップさせるのがもったいないくらい。


こうやって覚えたことはもう一生忘れないだろうな。

掘り下げて出来る勉強って今のうちなのかなって思う。
どこまで掘り下げるのかは自由なんだけど、自分が納得出来る勉強をみんなに勧めたい。

何ヶ月も掛けた勉強をただ国家試験のためだけで終わらせるのはもったいない。

そんなことわかってると思うんだけど、こんなの知ってるからもういい。なんて言わないでその領域を他のヒトよりも得意分野に出来るくらいに踏み入れていくとそれこそ、一生ものになると思う。

自分もまだまだ勉強段階。得意分野を増やしていこう☆

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

最近考えていること。

①国家試験・卒業試験のこと。
 点数もあるけど、勉強の中から自分が臨床に役立てる知識をどのように得ようかってこと。あとは、全員合格するために、みんなで団結して高めあっていく環境をどのように作り出していこうかってこと。

②臨床・実技をどうやって高めようかってこと。
 これは、日々の勉強や「将来への道標」で考えつつ高めようかと。

③大学生活、遣り残したことはないかってこと。
 これは、一杯ありそう。まだ考察段階。

 一つはもっと先生とも話したいってことかな。

 学生としての立場を利用して。


④就職のこと。
 うむむ。悩ましいんだけど、これは委ねるしかないかと思っている。某病院への希望は  
完全否定されたけど、せっかくなんでもう少し考えようかと。

⑤自分の将来像のこと。
 一杯あって書ききれません。
 
⑥授業のこと。
 もっと、発展させるために自分の基礎知識が足らん。
 みんなで高めあえるような授業にしたい。

⑦みんなの臨床に対する意識を上げるにはどうすればいいのかってこと。
 これは、ヒトの真ん中をを聴取しないことには始まらない。

⑧お金のこと。
 ない。どうしようか。

⑨有効な時間の作り方のこと。
 これもない。でも、昼食時間や睡眠時間削ればなんとか。

⑩自分の考察力を常に100%にするにはどうすればいいのかってこと。
 常に100%でいる努力をすること。毎日だと、パンクしちゃうから週に1度は休脳日!

⑪Y・S先生との座談会をどうしようかなってこと。
 また、座談会をしたい。ある先生と食事の約束をした。
 やはり、大学の先生の考えもだけど、病院勤務の先生の話も聞きたい。


考え出してそれを文章にすると、もうきりがない。Blogを日記代わりにしてんだな。
なんか、いいアドバイスあったら、コメントちょうだいな。

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

飲み会


先日の飲み会はいつもとは違って、馬鹿騒ぎして吐いて吐いてって感じではなくて。

いろんなヒトと今まで話すことが出来なかった将来のことを話せた。

それは、今までの大学生活でいろんなヒトと仲良くしてて、大学生活でボーリングで遊んだり、サッカー部やバレー部に入ったり、臨床実習を一緒に頑張ったりしたことで得てきた財産だと思っている。

やはり4年間同じ環境下で頑張ってきた友の存在は大きい。

人間関係で、難しいなって感じたことは一杯あったけど、今こうやってお酒の力を借りながらも、自分の考えを真剣に話せたことはあと10年後とかに思い返すとすごく面白い。

10年後なんて遠い将来のことだけど、俺らは半年後に同期になって同じスタートを切る。

「友情」を大学生活で作ることはとっても大切だと感じる。大きな大きな財産として。


今回の飲み会で話したヒトは、K・Tさん、T・Mさん、S・Sさん、R・Sさん、Y・Mさん、T・Iさんなどなど。もちろん、Yuとも話した。

こんな短時間で多くのヒトの考えを聞くことが出来た。もっと話を聞いてみたいってヒトはいたけど、なかなか話すことが出来なかった。残念。

それぞれ、自分の将来像とか価値観を持ってて、リハビリの重要性だとか、語り始めると自分の知識が更新されてく。

今は口だけでもかまわない。考えは日々更新すると思うから。

国家試験の勉強はもちろん大変。漠然とした目標をもって我武者羅にやってても、どこかで歯止めがかかる。
そんなとき、今回の飲み会みたいに「頑張るぞ!」って思えるような話し合いがで出来るといいなと思う。

「また飲もう!」は、「また語ろう!」ってことなんだろうな。そう話せる友がいる自分は幸せ者だわ。

感謝したい。



話は変わって、やはり大切なヒトの一番好きなところを見つけることってすごい重要。

そこがあれば、どんなにむかついても、どんなに大変でも乗り越えられる気がする。

惚気じゃないよ 笑

結婚しようって決まったら、相手の好きなところ、尊敬できるところを10以上言えてからしたいもんだな。


 


身体の休憩日



今日は、なんとなくゆっくりした一日。

昼に目が覚め、ご飯を食べて昼寝して、部屋の掃除して、勉強して、休憩。

夜には、フットサルに行って、身体動かして、勉強やって今。

なんか、家はのんびりする場って確立されてるような…。

腹が減ったらご飯が出てくる。眠たかったらベッドで寝る。暇になったら漫画を読む。

3日間頑張った分、身体へのご褒美として休憩した。

なんかこんな日が続いたらなとか思うけど、それは今日でおしまいにしたいと思います。

明日から、頑張っていきたいと思います☆

前進あるのみ。だけど、たまには振り返って

最近、ブログを更新しなかった言い訳。
それは、ネットが繋がらなかった!!ただの言い訳です。すんません。

5、6、7日と何を得たのだろうか。
5日は過去問やって、徐々に点数が上がってきて、昼の短時間も復習の時間に当てて、昼休憩は15分。
テスト終わったら、医学部に行って、7:00くらいに帰宅。

6日はM史に1万円を借りて、自分の不甲斐無さを自覚するとともに、勉強を進めつつ…。授業ではY先生の冊子にびっくりして、H先生のマニアック鼠径部やT先生の説教、O先生の謙虚さ満点の授業などなど、簡単に述べるとこんな感じ。

7日は、テストやって、復習して帰ったって感じ。びしょびしょになった。


最初の何を得たかという自問に対して、「自分は突っ走ることが出来る」ということを理解することが出来たことだった。休憩なんて必要ない!
ある程度の水と食料があれば、何とかなる。

ここ3日の間で必修ポイントの基本(黄色)と過去問集しか開いてない。それが臨床に繋がってくると思ってるから。
そこから、雑誌読んだり、教科書見直したり、あんな症例さんいたなとかおもいだしたり…。
国家試験の勉強すると、知識の更新はされるんだけど、臨床の場で「どんな治療を展開すべきなのか」についての更新は個人の自由になる。でも、必ずやるべき!!

こんな治療を考えた!ってことは、自分の中に様々な引き出しを作ることになる。

二重神経支配の筋覚えた!!では、その筋の作用は?触診部位は?MMTは?などなど、掘り下げる方法も臨床に繋げていくとかなりのレベルアップに繋がる!!!

みんなで一緒に一歩ずつ前進していきたい!!
頑張るぞ!!!

第27回 日本私立医科大学理学療法学会

今日、RYと日本私立医科大学理学療法学会に行ってきました。

岡西先生がEBPTの重要性の述べた後、様々な研究や症例報告を聞いた。


自分の中で、患者さんに対する治療の手段が多くなって本当に嬉しい。

詳細等は、学校で話します。

今、自分らがやっていることは正しいのだと説くためにも断固たる決意を持って、国家試験の勉強をしようと思う。


もっと書きたいけど、また今度。

医学会

特別公演「自然免疫の最新の進歩」     審良 静男先生
シンポジウム「これからの地域医療とその連携」
     地域医療の充実に向けて     牧 靖典先生
     救急総合医療は地場産業である  箕輪 良行先生
     これからの地域医療とその連携  亀井 三博先生
     地域医療における専門医の役割  宮崎 仁先生
     地域における医療・保健・介護・福祉の連携 
                     林 拓男先生
     総合する専門医         伴 信太郎先生
     藤田保健衛生大学病院の地域医療へのかかわり
                     浅井 幹一先生



今日は、ヒトの細胞とかの研究から、日本全体の医療を考える地域医療の分野へと視野が広がりながら、両側面は非常に重要だよって流れだったと思う。

最先端医療を提供するべきか、それとも患者さんのNeedsに答えるべきか…両方経験できればいいと思うけど、同じ患者さんを良くしたいと思っても結構逆方向。

前の実習地で、リハビリは結構特殊な職種で良いことしても悪いことしても目立つって言われた。歴史が浅いからと判断したけど。

なんか、「自分が患者さんを良くしたんだ!!」なんて威張ってる場合が多いらしい。だけど、病棟生活や様々な検査等もあるわけで、一概には言えない。

藤田リハビリは「態度面」を徹底している。だったら、地域医療の連携に大いに貢献できるのではないかと考えた。
天狗になって、「情報共有しませーん」なんてもってのほか。自分から他病院・職種と連携する努力も必要だ。 

どうせ目立つなら良いことして目立とう!!


あと、先日(9/25)のリハ研では「首都圏における地域連携パス」について小林 一成先生が公演を行った。

パスにより予測されることは維持期・訪問リハパンク状態、患者さんの不満度↑精神面↓、セラピスト責任感↑、リハビリOutcome↓?などなど。

今、維持期や訪問リハは整っていない。
無責任な急性期・回復期での退院は維持期で不十分なリハビリが行われることに繋がる。
これは維持期リハだけの責任じゃない! 

俺らに必要なこと。患者さん一人一人に毎日最良の医療を提供することだと思う。
当たり前なんだけどね。
      
「地域医療連携の円滑な流れを作る要となるのはリハビリなのではないかと考える!」


頑張ろう!!! 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。