スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1回 過去の国家試験問題

今日、朝からオリエンテーションがあった。
バイトの話、卒論終了の話、体調管理の話などなど。

そこから、2時間かけて専門問題を解いて、1時間の休憩。
さらに、1時間半で共通問題を解いた。

感想としては、絶対的な知識はやはり不足しているなということだった。
そういえばこんなこと学んだな…あやふやな知識ばかり。
必要、不必要は置いといて、自分が知るべきことは様々であると痛感できた。

おそらく、今の段階では下位だけど、そのうち…って思っている人は必ずいると思う。俺もその一人なんだけど、そう思っている自分が恐い。確かに厳しいカリキュラムや多くのテストがあって必然的にレベルアップすると思う。
だけど、今まで卒論ものびのびやってて、さらには90分間の授業も久しく行っていない。

果たして、今持てるモチベーションをうまくコントロールできるのかが疑問である。

突っ走るのか?徐々に上げてくのか?今はまだのんびりなのか?
自分のスタイルを考えると一番初めの突っ走る!!だと思ってる。モチベーションはどのようになるのかわかんないけど、停滞気味なときは励ましあって頑張りたい。

試験終了後、また4人で話す機会があった。
股関節モビライゼーションやスイスボールの実技、昨日の食事会の話等が主な内容。

まず、今日、人間に触れて自分の触り方は雑だなって思った。しかも、手技に集中してコミュニケーションも忘れている、相手の表情すら確認できていない。

M史の言う通り、指導してくれた先生に失礼。しかも、自分を恥じるべき。一度、習得したスキルを長時間使わず、久しぶりになんとなく患者さんに行ってしまう。これも恐い。
ROMexだってそうだ。やらないと忘れていくもの。過信は禁物。


話は変わって、今の意識を高めあえるグループは本当に大事にしたい。勉強だけのPTでは不十分だし、臨床は最も重要。これは、ずっと前から思っている。
実技の練習を行うなら、卒業試験や国家試験も軽々クリアできることが必須。
さっき、モチベーションがどうとか言ったけど、必然的に突っ走るしかないのかもしれない。
時間は自分で作るものだし。

週に1度しかできない実技の練習。その場を有意義な時間にして、自分が持てる技術を磨きたいと思う。
よろしくなっ!!!
スポンサーサイト

知識欲

RehaさんのBlogを見て、
自分が今まで出会ってきた先生の中で尊敬できる人は誰かなって考えると一番に思い浮かぶのは岡西哲夫教授だなって思う。

なぜか。

人を見た目で判断しなかったからだと思う。
自分は髪が赤いときもあれば、奇抜な格好をしているときもあった。その当時は、人目ばっかり気にして、自分の存在価値を確かめていたのかもしれない。当時、自分がどういう人間か自分分析をすると、嘘ばかり並べる人間だったのかも。それは言葉じゃなくて行為の嘘。
自分は本当はこうしたいけど、人に嫌われないように相手に合わせていたりする。
高校卒業までで確立していた自分が大学生活で覆いかぶさってしまって。

結果が胃潰瘍な訳で。


話を戻すと、そんな赤髪の自分でも岡西先生は授業後の質問に温かく答えてくれた。
男女で態度がかわらなかったのは岡西先生ぐらいだったと思う。

そんな謙虚な態度が好きで、先生の授業を熱心に聴いてた気がする。
卒論も先生の下で、知識を深めていきたいって思った。

最近では、M史やYuの影響もあってか、冨田先生も尊敬するようになった。
座談会のときに、もっと尊敬できた。「患者さんを満足させるために」の言葉やパッションなどなど。

欲張りだからいいとこ取りをしようと思ってんのかな。結局自分の中ではただすごいって思うだけだなって。でも、この先生のように治療をしたいって思う。

今では、あれもこれもであらゆる方向に手を伸ばしすぎているかも。それがどれも不十分になって、結果自分の根本の治療の概念はなんだろうって考えると微妙な回答になってしまう。
これはまだまだ勉強不足。


結論はこれからいろんな先生のいいとこどりをして新たな自分の姿を作ろうってのが目標!!

缶無料!

今日の俺の中での発表は結構満足。

なんでか。

○っきーにDeltoid of the hipを伝えることが出来たからだ!あとブルーさんにも!
今回の俺の卒論発表の目的は、3年生に明日使える臨床での視点を提供すること。

七栗から3000円もかけて、休みをなくしてまで来てくれた聴衆者に対して、なんとか臨床に役立つ視点を提供できれば良いと考えて言葉を砕いて砕いて発表したつもり。

臨床でなんか役立つ知識を提供できたなら俺は嬉しい。
それが、患者さんのためにもなる場合があるなら超満足。

発表は自分の中では、あんまり苦にならない。しかし、発表は下手なんだけど。

発表やだなぁって自分も無意識に言ってるかもしれない。だけど、教員が新たな視点を提供してくれることは非常に重要で、自分の役に立つ。

今日はI藤先生が「骨盤中間位で筋力発揮しやすいなら、股関節外転のMMTは中間位で取ればいいの?? MMTは股関節伸展させる意識で行うのが一般的なんだけど…」

確かに!さすが臨床教員だなっと思った。方法論とかをねちねちあら捜しされるのはあまり好きではなくて、臨床に直結させる考えはとても好き。これは俺の考えなんだけど。
まぁ方法も必要なんだけど…。

なぜ自分が質疑応答であまりうまく言えないのか。
頭が固い。こんにゃくになりたい!
情報処理できていないまま、話をしてしまう!
テンパリ地獄。蟻の巣みたいな。
結局わかっていない部分があるのか…
などなど。

プレゼン能力は回数を重ねることで上達していくのかと漠然と考えていたけど、今日のRYの発表を見たら事前準備の重要性は明確に見えた。
当たり前のことをわかっててもやらない自分に腹が立つ。

反省会は4人で行った。

そしたらすぐに臨床に繋がった!!
今日は、rehaさんとYuさんの考えを聞けたし、川平法がちょっと得意な自分にこれから学ぶべきものがなんであるのかをわかってきたし。
人に触れることも出来たし。
自分に足らないものとかも見えてきたし。

一日、満足な時間が続いたので、感無量ですわ!

もやんもやん。

今日は、友人と3人で運動をしにいきました。

しかし、場所がない!!

福祉体育館とか大学の体育館を利用しようと思ったんだけどなかなかうまくいかなかった。

俺らのNeedsに答える場所ってのはそんなにないものだなとわかった。

そこで、友人宅で行うことに。


そこで、運動をして自分の中に治療の根本となる考えが不十分であるとわかった。

解剖学も機能解剖も運動学も生理学も全部不十分なんだけど、何か自分の中で得意分野があるってことは自信に繋がるなってわかった。

それだけ、知ることが出来ただけでもいい時間を過ごす事が出来たと思う。
ありがとう!



余談ですが、最近、自分の中で自分が何をしたいのか混乱中で考えることが多々あり。
患者を良くしたいし、遊ぶ時間も大切にしたいし、卒論もしっかりやりたいし、自分の時間も大切にしたいし…なんか中途半端になるってのは、最も最低なことで、それはわかっているのになんか不完全燃焼。


なんとも、もやもや。両立できない自分が悔しいな。

みんなから見て、こいつ中途半端だぞってのがあったら教えて欲しいす。

お願いね。


そういや、朝青龍の24度目の優勝!集中力がすごい!

ショック事件



先日、ある先生と就職についての面談を行いました。
大学病院への就職は残念だったな…から始まり、どこか就職の希望はあるかと聞かれました。

ある病院を希望しましたが無理と言われました。

はっきり言ってかなりショックでした。久しぶりにネガティブになりました。

3時間で回復したけど。

自分の思い通りにいくほど、世の中甘くないなぁと思いました。

だけど、今の気持ちがあれば、どこでも頑張っていける気がする。

県内だろうが、県外だろうが、気持ちは変わらないからね。

「絶対無理!諦めろ!!」って言われたけど、「絶対」って言葉はあんま好きじゃなくて、可能性は0ではないと思う。
こりゃ現実逃避かな。

一度、深くまで考えた将来を先生の一言のみで変えるほど、人間出来てないんで、もう少し粘ろうと思います。



これも人生の中でほんの一部のこと。70、80になってこんな人生だったって孫に語りたいな。

専門性を活かして人の役に立とう!



はじめまして。


自由気ままに理想論とか考えを語りたいと思う。

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。